ウマ娘 ゴールドシップ

ウマ娘に登場する競走馬キャラクター「ゴールドシップ」のスキルやステータスや評価については、こちらのページでまとめていきます。

攻略情報に関わる内容はもちろん、元ネタとなった実在する競走馬「ゴールドシップ」についても簡単にご紹介しています。(場合によっては実体験を元にしている内容も含みます)

スポンサードリンク

ゴールドシップの攻略情報まとめ

2016年8月22日現在

※2016年8月22日現在、ゴールドシップに関する攻略情報はまだ分かっていません。公式サイトより発表されているため必ず出ることは分かっています。

ゴールドシップは実際どんな競走馬だったのか?

ゴールドシップの簡単なプロフィール

父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ(母の父 メジロマックイーン)
所属:須貝尚介(栗東)
主戦騎手:内田博幸 横山典弘
重賞勝ち鞍:GⅠ 皐月賞 菊花賞 有馬記念 宝塚記念(2回) 天皇賞(春)
GⅡ 神戸新聞杯 阪神大賞典(3回)
GⅢ 共同通信杯

※勝ち鞍とは一着になったレースのことです。
※重賞とは競馬でよく聞くGⅠ、GⅡ、GⅢのことです。GⅠ一番グレードが高いです。
※GⅠ、GⅡ、GⅢのレースは、どれも年に1度しかなく、一定の成績を収めた馬が出走するため、競争が激しく勝ちをもぎ取るのは困難を極めます。

【出生~生い立ちエピソード】

母であるポイントフラッグは現役時代500kgを超える大型馬で産駒(子供)も皆大きい特徴がありました。産駒が大きいと脚に負担がかかり、ゴールドシップの兄たちはあまり活躍ができませんでした。

そこで、脚部不安のない小さな産駒が産まれるようにと小柄なステイゴールドを種付けしました。2009年3月6日、北海道日高町の出口牧場で誕生したステイゴールド産駒がゴールドシップです。

しかしゴールドシップは想定とは違い大きく産まれたそうです。

幸い、大きく産まれたゴールドシップは順調に調整され、順風満帆の競走馬人生が始まろうかという矢先、東日本大震災に被災しました。

ゴールドシップは無事でしたが、栗東(競走馬のトレーニング施設がある場所)への移動が遅れ、北海道、石川へと移動した後にようやく栗東入りしました。

【印象的だったレース】

○ 2012年有馬記念(GⅠ)

年末の総決算、人気投票で出走馬が決定する有馬記念。

ゴールドシップは3歳で挑戦しました、同世代相手の菊花賞を勝ち上の世代と戦う有馬記念、1番人気で向かえました。

道中は最後方から競馬を行い、マイペースにレースを運びます。

最終コーナーで前をまくりながら位置を前に上げていき、最後の直線で大外に持ち出します。

中山コースの坂を駆け上がり、上の世代相手にもエンジンの違いを見せつけて余裕の勝利。

ゴールドシップ恐るべしの印象をつけたレースです。

ゴールドシップの実際のレース↓

○ 2013年宝塚記念(GⅠ)

冬の有馬記念と同じく人気投票で出走馬が決まる春のグランプリ宝塚記念。

有馬記念の時より強い相手が揃った2013年の宝塚記念、2番人気で向かえました(1番人気はジェンティルドンナ)。

宝塚記念ではスタート直後から内田騎手が前へつけようと手綱をしごき、4番手でレースを進めます。

シルポートが一頭大きく逃げる展開、差を詰めながら最終コーナーへと向かいます。

直線に入ってからトップに立つと、ジェンティルドンナなどを相手にせずにそのまま突き抜け、余裕の勝利を収めました。

ゴールドシップの実際のレース↓

○ 2015年天皇賞・春(GⅠ)

国内GⅠで最も距離が長い過酷なレース、天皇賞・春、ゴールドシップは2番人気で向かえました。

ゲートになかなか入らない気難しい面をみせ、見てる人を不安にさせます(筆者もドキドキしてみていました)。

ゲート前で大暴れ、普通の馬ならここで体力を消費しレースにならないところです(ゲートの中で待たされてる他の馬たちも集中力が切れたりしますが)。

ようやくスタートを切ったレース、ゴールドシップは加速がつかず最後方でレースを進めます。

最初の1000メートルを過ぎたところで、1頭ぽつんとしていたゴールドシップ、徐々にポジションを上げ始めます。

残り1000メートル以上ある道中、ゴールドシップはスパート、一気に4・5番手まで上げます。常識的に考えると脚が持つとは思えないロングスパート、ここでもう無理と思った人も多いはず。

しかし只者ではないゴールドシップ、そのままスピードが衰えることがなくトップでゴールを駆け抜けました。

相手が弱いレースならままありますが、G1の舞台でロングスパートを決めてしまうゴールドシップ、本当に恐ろしい馬です。

ゴールドシップの実際のレース↓(レースは動画3:38から)

スポンサードリンク

【忘れられないエピソード】

ゴールドシップは白い葦毛でとても愛らしい表情をしています、とてもかわいいでしょ?

ゴールドシップ

この子はこんな顔をしてとてもやんちゃで気まぐれ、調教も真面目にやらないような馬です。

毎日遊んであげないと暴れちゃったり、ウイニングランがめんどくさいから断固拒否したりと人間味あふれますね。

GⅠを6勝とまごうことなき名馬なのですが、そのやんちゃぶりはレースでもいかんなく発揮し、10馬身以上出遅れたりと安定感がまったくありませんでした。

そんな安定感の無さもゴールドシップの魅力ですね、実際人気はすごく、ツイッターなどでもよくゴールドシップを見ました。

ウマ娘に登場するゴールドシップもいたずら好き(ゴールドシップ基準)、ゲーム内で大暴れをする様が用意に想像できます。

まとめ

ゴールドシップはその競争成績と、愛らしい見た目、見た目と反してやんちゃでわがままな性格、どれも魅力的で人気でした。

真面目に走ったときのゴールドシップ、特にロングスパートを決めてしまう豊富なスタミナは過去のどの名馬と比べてもトップクラス!

ウマ娘に登場するゴールドシップも、スタミナ豊富なステータスとなりそうですね、システムがまだ不明なので何とも言えませんが。

ウマ娘のがっかり系美少女ゴールドシップ、ゲームも楽しみです!